経営理念の浸透

なぜ、経営理念の浸透が必要なのか?

まず、全員経営とは何か?松下幸之助は、次のように述べています。

「衆知を集めた全員経営、これは私が経営者として終始一貫して心がけ、実行してきたことである。全員の知恵が経営の上により多く生かされれば生かされるほど、その会社は発展するといえる」

「経営者みずからが衆知を集めてものを考え、仕事をしていくことも大切だが、それとともに、できるだけ仕事を任せて部下の人々の自主性を生かすようにして行くことも、衆知を生かす一つの生き方である」

しかし、社員にできるだけ仕事を任せた結果、社員が自分勝手にバラバラに行動したら、経営はうまく行きません。やはり、そこには会社の大きな方向性が必要であり、それを示すものが経営理念です。つまり、逆説的なようですが、経営理念の浸透が必要なのは、社員が金太郎飴のように画一的に行動するためではなく、社員一人ひとりが自らの個性を発揮して自律的に行動するためなのです。

経営理念が社員の共感を得られるものか?